kuluska

「訪れる」から始まること。

November 23rd, 2011

|
そろそろ本格的な冬の訪れでしょうか?
私たちも鎌倉で活動を再開して、もうすぐ半年が経とうとしています。
 新しい出会いや再会を通して知る喜びも多く、周りに居て下さる方々や
いろいろなご縁をきっかけに、始まることも増えてゆく予感がしています。
 
12月には、北鎌倉の「たからの庭」で
otozure projectという冬のイベントを開催します。
この催しはkuluskaだけでなく、訪れて下さった方と
 場所や時間、記憶を共有することを目的としたもので
「訪れる」というきっかけから始まることを
みんなで楽しめたらいいなと思っています。
 
©2009スタイルジャム
 
今回は、食を生業とする野村友里監督の「eatrip」を上映し
映画を通して「食」や「生きること」、「人とのつながり」について
触れながら、みんなで輪になってごはんを囲んで食べます。
これは、「分かち合う」という 時間でもあります。
みんなでごはんを食べられることの幸せ。というのは
今を生きる全ての人に向けられた、ひとつの幸せなかたち。
なのではないかと思っています。
 
今年は特に、震災を機にいろんなことが変化している年だと思います。
心が苦しいときもありますが「みんなでごはんを食べる。」
そのことを想像したとき、とても幸せな気持ちになりました。
わたしたちは、eatripの『食べるということこそ、生きること
人生とは食べる旅』というテーマに共感し、
「おいしい」や「笑顔」で人と人が繋がってゆけたら
という願いから今回の会を企画しました。
 
 出会いや再会、季節の訪れを楽しみにしながら
今後も、こういった集いや催しを開催できればと思っています。
 
 

Leave a comment:

WP-SpamFree by Pole Position Marketing