kuluska

2013.2.14 KULUSKAケニアへ

February 15th, 2013

|

先週の金曜日に、ファブラボ鎌倉の渡辺さんからメールがありました。

昨年、鎌倉にも滞在したファブラボノマド(世界各国のファブラボを旅しながら研究をしている人)の
Jens Dyvik (http://www.dyvikdesign.com/site/)が、現在ファブラボケニアに滞在中で、
ファブラボケニア運営の経済支援の一環で、kuluskaのレザースリッパを展開しても良いか?とのこと。

その日の夕方、ファブラボ鎌倉へ行って、「もちろん OK !!!」と答え、
先日、ブログでも書いたクリエイティブ コモンズ ライセンスで、
スリッパのデータを公開することに決めました。

その後、データのやり取り等を経て、昨日ケニアから、一枚の写真が届きました。

サンプルのスリッパの写真でした。
場所も言葉も関係なく、データのやり取りから2〜3日で、地球の反対側で
形になっていく、グローバルな広がりとスピード感。

日本から遠く離れた(時差6時間!!)ケニアで、
kuluska のスリッパが形になっていることに、びっくりするとともに、

これこそ、ここ最近ずっとkuluskaで考えている、
「誰でもつくれるものづくり」だなと感動しました。

Jensに、つくっている人や、現地の様子も教えて下さいとお願いしたので、
またこちらでご報告したいと思います。