kuluska

2014年夏 ヨーロッパへの旅

June 1st, 2014

|


クルスカの2人は今夏、ヨーロッパの旅に出ます。
イタリアで開催するイベントに是非一緒に行きませんか?と
お誘いをいただいたのがこの旅のはじまりでした。

当初は旅を実現することは難しいと捉えていました。
結果としては、『旅するデザイン-OPEN DESIGN PROJECT-』という
クルスカが取り組んできた旅を実現することが決まりました。

旅に向けて、これまで思い描いていたことを振り返りました。
イタリアの革作りの歴史は日本よりずっと昔からあるのだけれど、
そのなかでもずっと訪れて見たいと思っていたところがあります。

フィレンツェでは大戦後、戦争孤児の自立支援のために教会で、
職人を育成していたという話を思い出しました。
自分たちが今、掲げている「地域に仕事をつくる」というビジョンを
本当の意味で体現している町もあり、皮革の現場で学ぶことも可能になると思えました。

イタリアではミラノとフィレンツェへ。そしてドイツを経由してフィンランド(ヘルシンキ)に立ち寄ります。
ここでは豊かなフィンランドの文化に触れたり、夏至祭にも参加したいと思います。
アップサイクルやクリエイティブリユースに通じるような施設も訪ねる予定です。

その後はノルウェー(オスロ)で映画『Making Living Sharing』を制作した
Jensと再会しワークショップを開催します。映画の中では、彼自身のプロジェクトを中心に、
クルスカのスリッパがどうケニアで発展していったのかも含めて
「OPEN DESIGN」の面白さやアイデアを共有していくことの素晴らしさを伝えてくれています。

ノルウェーの次はオランダ(アムステルダム)にある古いお城の中にあるラボでワークショップを開催します。
古いものと新しいものが融合しているイメージのあるオランダでは何を目にするのでしょうか。

そして、KULUSKAの由来となったフランスとスペインの境にあるバスク地方を訪ねます。

スペイン(バルセロナ)ではFabLabが設立されてから10年という
記念すべきタイミングで開催されるFAB10に参加します。
7/2〜8までの間は特に学ぶことが多い時間になりそうです。
FAB10の中でも市民に公開される「Fab Festival」でワークショップを開催予定です。

今、ひとつひとつの旅が、まるでひと繋がりの旅のように感じています。

私たちが旅をする様子、見た景色、感じた思いを、
いつも応援して下さっている皆さんと一緒に感じながら旅をして行きたいと思っています。

KULUSKA
藤本直紀 藤本あや

You may also like:

10660113_1035531559823230_8797747000813924512_n

Leave a comment:

WP-SpamFree by Pole Position Marketing