kuluska

2018.10.23(火)ちょうどいい。

October 23rd, 2018

|

44701897_1988556111187432_2597232789078147072_n

先日の「神山のもんぺ、石徹白のたつけ。」展でたつけをご購入された方から、
「ポケットがあるといいんよね。」とご相談をいただきました。

ご希望をお伺いすると、「色々と便利に使える前ポケットを新たにつくること。」と、
「今使っているお財布を入れると少し頭が出てしまうので、後ろポケットを少し深くしてほしい。」とのこと。

前ポケットは、シーチングで仮組みをしながら新たに型紙を作成し、
アメリカのユーティリティパンツやワークパンツのイメージで。

44775377_1988556491187394_4434375973013553152_n44810172_1988556117854098_6754732565778661376_n

後ろポケットは、一度縫い目を解いてポケット口の縫い代分を利用して3cm程度深くしました。

44753628_1988556417854068_671827348605108224_n44708873_1988556281187415_4056595142193184768_n-1

できる限り、元の雰囲気や仕様を踏襲しながら仕上げています。

KULUSKAのものづくりの中で、よく考えることのひとつに「ちょうどいい。」ということがあります。
オーダーやセミオーダーについても、ワークショップでも、
その人にとって過不足なく、ぴったりとちょうど良い具合を一緒に考えることを大切にしています。

それは、お直しについても同じで、
その人が心地よいサイズに仕立て直したり、少しでも長く着られるように修繕したり、
使いやすいように手を加えることもそのひとつだと考えています。

あなたにとっての「ちょうどいい。」を一緒に考えてみませんか?

 

You may also like:

44683190_1990095634366813_5753325842243518464_o

Leave a comment:

WP-SpamFree by Pole Position Marketing