kuluska

2018.11.9(金) 革の箱。

November 8th, 2018

|

45626276_2012159372160439_3959040715320721408_o

45555179_2012159202160456_29069382336380928_o

革のうつわづくりや、漆塗りを色々と試行錯誤する中で、
昔のアルマイトの缶のような型の名刺サイズの革の箱ができました。

最初に漆皮(しっぴ)を知ったのが、箱物だったこともあって、
(正倉院に収蔵されているもの。その後、製材や組み木といった木の加工技術が進み、
革で箱を作らなくてもよくなってきたため、技術的には廃れていったようです。)
ずっとつくりたいと考えていました。

実際に使用して、使いやすさや経年変化をみてから、みなさんにもお届けできればと思っています。