kuluska

2019.9.7(土)トークイベント「地域に眠る技術や素材を活かす、これからのものづくりについて」@FabCafe MTRL(東京)

8月 30th, 2019
|

cabdd0e2fa047f1dc0ac53234cd75a9a-640x4282019.9.7(土)FabCafe MTRL(東京)さんで「地域に眠る技術や素材を活かす、これからのものづくりについて」というトークイベントを開催します。

瀬戸内のデニム工場に眠る技術力を引き出しながらオリジナル製品を企画・販売している「EVERY DENIM」の山脇さんをゲストにお迎えし、KULUSKAは、現在ものづくりの拠点にしている徳島県神山町で進めている、地域の空き家などから出る、元は大切にされてきた素材や道具たちを回収(レスキュー)し、新しい形で次に繋いでいく試みについてお話ししたいと思っています。

2018年4月から、キャンピングカーで全国47都道府県を旅しながらデニムを届け、衣食住にまつわるたくさんの生産者さんと出会う旅を終えたばかりの山脇さんには、旅をして見えてきた事や、現在進行中のプロジェクトについてお話いただきます。

モデレーターとして、鎌倉とさまざまな地域をつなぐインターローカル・プロジェクト「◯◯と鎌倉」を主宰する原田優輝さん、ものづくりやアートに造詣の深い松田彩花さんも交え、単に「つくる」だけではなく、「直す」事や「次に繋いでいく」という事は、地域との関わりにどういった影響を与えていくのか? それぞれの地域や産地のこと、これからのものづくりや素材について、地域と地域が繋がることで何が生まれるのか?などみんなでみなさんとお話できれば嬉しいです。