kuluska

2019.9.7(土)KULUSKAと一緒に 地域の素材で「サコッシュ」をつくろう。@FabCafe MTRL(東京)

8月 20th, 2019
|

abfcb8a6771f4d86e600690dd0bf2590-640x428

普段は徳島県の山あいの町で行なっている「ちくちくの会」を東京・渋谷にある「FabCafe MTRL」で開催することになりました。今回は「サコッシュ」をちくちくとつくるワークショップです。

「サコッシュ」と言いつつも、つくるものの原型は、古くから様々な地域で人から人へと受け継がれ、つくられてきたかたち。江戸時代から伝わるあづま袋のつくり方を元に、少しアレンジしたつくりかたをお伝えします。

単純な形状の布地からつくる事ができるので、つくり方を覚えてしまえばサイズを変えてエコバッグにしたり、持ち手をつけずにお弁当袋にも◎ 着物や浴衣にも合う「和」の雰囲気もあるサコッシュです。

今回の素材は、KULUSKAがものづくりの拠点として親しんでいる地域、徳島県神山町から大切に受け継がれてきた着物素材や、FabCafeの2階で運営をしているMTRLの素材の中から、「EVERY DENIM」さんと「株式会社タケヤリ」さんに素材提供をいただきます。

岡山のデニムや帆布、徳島の藍染、飛騨の木材といった地域の素材や、昔から大切にされてきたけれど今は使われていない着物素材など、その時代や、地域を感じる素材を使い、産地とのつながりを感じる体験になればと思っています。

久しぶりにKULUSKAで上京します。ぜひ、この機会にご一緒できれば嬉しいです。

みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。