kuluska

革のうつわ

革の持つ特性を活かしたボウルやトレイです。
柿渋で仕上げた「柿」と鉄染めの「鉄」。
漆仕上げの「漆」があります。

 

柿渋も漆も、もともとは日本の伝統的な素材です。
古くから、塗料や染料として使用されてきた柿渋。

 

革に漆を塗る、漆皮(しっぴ)は飛鳥時代くらいからつくられ、
奈良時代のものが正倉院に収蔵されるなど、
戦国時代の兜や鎧にも使用されていた技術です。

重量感のある焼き物や、木の器のようにも見えますが、
軽く持ち運びのしやすい仕上がりです。

 

展示会、またはメールにてご注文承ります。
製品はオーダー完了後に作らせていただきます。
ご購入やご質問については、下のボタンをクリックしてお問い合わせください。

You may also like: