kuluska

Report:2014.2.22(土)旅するデザイン-OPEN DESIGN PROJECT at 山口

2月 25th, 2014

|

1897877_600606193347279_2006130786_n

山口市主催で行われたイベント「職人×デジタルファブリケーションの可能性」にて、
講演会とワークショップに参加させていただきました!

講演会では二象舎のオートマタ作家、原田さんや宮城大学の土岐先生との再会、
そして山口県立大学の山口先生にもお会いできました。
参加者の方々からも直接ご感想を聞く機会も多く、貴重な時間をご一緒することとなりました。

山口市の方々をはじめ、山口ケーブルビジョンの方にも、あたたかく迎えてくださりありがとうございました

ワークショップでは、山口にお住まいの方々と、いろんなお話をしました。
お父さんがお子さんに作ったデザインを2人で一緒に組み立てたり、
革を織り込むという新しいアイデアも生まれました。

ここ山口の傾向としては、inkscapeをダウンロードして、初めてデータを改変するかたも
数名いらっしゃって、オープンデザインで何が起こるかを体験出来る良い機会となりました。


◎山口で生まれたデザイン

10383752_724602344249488_4407176619039798501_o

犬の顔としっぽがデザインされたスリッパ。
各会場に1人か2人は生き物に関するデザインに改変されています。

10298404_724602294249493_7732515449415589371_o

データの時点では、どういうかたちになるのか分からなかったものの、
組み立て上がるとこうなるんだと感じたデザイン。
レザークラフト経験者ということもあり、金具持ち込みでスムーズに組み立てられていました。

10259121_724603254249397_7015041783209618673_o

初めてのデータ改変ということもあり、インクスケープの使い方など、
事前に何度もやり取りを重ねて完成した思い出ある一品。

10258424_724603354249387_3680686054671979996_o

プレーンなオリジナルのままでのご参加でしたが、
半分づつ縫い糸の色を変える等、当日その場でのアレンジを
楽しみながら作られていました。